銀歯を白くしたい

銀歯を白く、美しい見た目にするための方法についてまとめました。治療メニューを選ぶ際の注意点や、費用相場についても解説します。

銀歯の悩みを解決するには?

銀歯を白くしたい場合には、セラミックやメタルボンドなどでの治療が行われます。材質や強度などによって費用が異なるので、悩みに近い詰め物・かぶせ物をチェックしてみましょう。

また、詰め物やかぶせ物にはいくつか種類があるので、その人自身の希望や症状によって選べる治療方法に違いがあります。

金属不使用の詰め物

銀色の詰め物で金属不使用のセラミックをはじめとした白い素材に変えて目立たなくさせたい場合は、「セラミックインレー」や「ハイブリッドセラミックインレー」などを使用する方法があります。

「セラミックインレー」は、陶材で作られた詰め物で、自然の歯に近い質感と白さを兼ね備えている素材です。銀歯を「セラミックインレー」に変える場合は、比較的短時間で治療が終えられるのも魅力です。

「ハイブリッドセラミックインレー」は、セラミックの粉末とレジンを混ぜ合わせた、歯科用のプラスチック素材。セラミックよりも安く、オールセラミックより柔らかい特性を持つため、周りの歯へ与えるダメージも少なくなっています。ただ、レジンは2年ほどで変色する性質があります。

耐久性はあるものの強い力がかかると、まれに欠けや割れが生じる場合も。とはいえ、銀歯よりは審美性がかなりアップするので、その点では選択肢の一つに入れても良いかもしれません。

金属を使用したかぶせ物

金属不使用の「オールセラミッククラウン」よりも治療費用を抑えられるのは、「メタルボンドクラウン」での治療方法です。

「メタルボンドクラウン」は、金属フレームの表面にセラミックを被せたものです。セラミックと金属のダブル構造で強度が高く、奥歯の治療にも使用されます。金属部分は、白金加金や、金合金、ニッケルクローム合金、パラジウム合金などの素材が使われています。

「メタルボンドクラウン」は耐久性がありますが、次第に歯と歯茎の境目が黒ずんでくる、金属を使用しているため、金属アレルギーの方は治療できないといったデメリットがあります。

純金や金合金などの貴金属を使用したものは、耐久性も高く、錆びにくいなどのメリットがある分、費用は高いです。

金属不使用のかぶせ物

部分的にかぶせた銀歯や、歯全体を覆うかぶせ物を、金属不使用のセラミックなど白い素材に変更したい場合は、セラミックとジルコニアを使用して治療を行います。耐久性があるジルコニアは奥歯の治療に適しており、より審美性が高いセラミックは、前歯の治療に向いています。

セラミックの種類には「オールセラミック」や「e-Max」などがあります。自然の歯に近い透明感があり、時間が経っても変色しにくい素材です。「オールセラミック」は、内側にジルコニアを使用しているため耐久性が高く、ブリッジの治療にも使われています。

銀歯を白くする方法を選ぶ際に注意することは?

保険内で銀歯を白くする場合は、「コンポジットレジン」や「硬質レジン」「ハイブリッドセラミックレジン」などの方法があります。耐久期間が少なかったり、変色したり、などのデメリットはありますが、費用を抑えることが可能です。

一方、保険外で銀歯を白くするには、上述した「セラミックインレー」や「オールセラミック」などの方法がありますが、質が良い分、費用は高くなります。

また、金属アレルギーの方は、金属不使用の素材であるかを、医師にしっかり確認する必要があります。

銀歯を白くする治療の費用目安

治療法によって費用は異なりますが、「セラミックインレー」「ハイブリッドセラミックインレー」の場合で、約3〜5万円。「オールセラミック」「メタルボンド」の場合では、約8〜15万円。「ジルコニアクラウン」では、約10万〜20万前後かかります。

歯科クリニックによって治療費用に違いがあり、治療費用も異なることがほとんど。治療前に見積もりを取り、追加料金の有無や保証料、保証期間などを確認することをおすすめします。

【悩み別】
おすすめクリニックはこちら!

ガミースマイルなど
黄金比を整える施術

リリアーナ
デンタルクリニック
公式HPへ

歯茎の腫れや色を整える
独自施術

赤坂フォーラム
デンタルクリニック
公式HPへ

コストを抑えた
スピード施術

湘南美容歯科
公式HPへ