審美性なら

リリアーナ
デンタルクリニック

スピード重視なら

湘南
美容歯科

独自施術なら

赤坂フォーラム
デンタルクリニック

詰め物の変色を白くしたい

このページでは、歯の詰め物が変色してしまったとき、どのような治療があるのかをまとめています。
「詰め物の変色を気にせず大きな口をあけて笑いたい!」と言う方は、治療の参考にしてくださいね。

詰め物の変色の悩みを解決するには?

歯の詰め物が変色してしまったときは、詰め物を交換するのがベスト。保険適用と保険適用外の治療があります。

保険適用の治療

レジンと呼ばれる材質で作られた詰め物を使った治療です。白い色をしているため、違和感が少ないのがメリット。レジンの種類によって、使用できる歯や強度、価格に違いがあります。適用外の素材と比べると、強度が弱く劣化しやすいのがデメリットです。

保険外の治療

セラミックを使った詰め物を使う治療法です。セラミックと合わせて使う素材により、価格や強度に違いがあります。保険内のものよりも耐久力に優れていますが、やや歯を削る量が増えます。

急な予定が入り「今だけでも白くしたい!」と言うときは、歯のマニキュア(ホワイトコート)を歯医者さんでしてもらうといいでしょう。1本2千円~4千円ほどで受けられますよ。

詰め物の治療で注意することは?

詰め物の種類によって、使用できない歯があったり保険適用外になったりします。また、治療後はキレイでも、レジンの場合は数年で変色する可能性があるため、数年おきに詰め物を取りかえる必要が出てくるでしょう。

詰め物に使う素材によって、強い力が加わると壊れやすいものがあるので、治療前にクリニックの保証範囲を確かめておくのがベター。万が一の破損に備えておきましょう。

詰め物の費用目安

レジンを使った治療(保険適用内)

セラミックを使った治療(保険適用外)

保険の内外に関わらず、使用する素材により価格が変動します。特に保険適応外の治療はクリニックによって価格が変わってくるので、一概に「いくら」とは言えません。クリニックを選ぶときは価格よりも医師の実績や評判で選ぶと◎です。

詰め物が変色する原因とは?

歯の詰め物の変色は、ほとんどが経年劣化によるもの。銀歯やレジンなどは、使用年数を重ねるうちに、どうしても変色してしまいます。銀歯の場合は歯茎が黒ずんでしまうことも。

詰め物を入れ替えるのが、一番カンタンな改善方法ではありますが、その度に歯を削ってしまうと、歯そのものの劣化を早めてしまう可能性が。変色が気になる方は、劣化や変色のしにくいセラミックを使った治療をしてみるのも1つの手ですよ。
セラミックは、とても自然な歯に見えるよう作れるので、大きな口をあけて笑うときにも、気になりません。

【悩み別】
おすすめクリニックはこちら!

         

審美性にこだわった
最高級の施術

RSテクニック

唇のライン・歯並び・歯の向きから笑顔の黄金比を導き出す技術

症例数NO.1クリニック

リリアーナ
デンタルクリニック
公式HPへ
     

歯茎のラインを整える
独自施術

BTAテクニック

骨を削らず歯肉を手軽に整え、術後も後戻りしない技術

症例数NO.1クリニック

赤坂フォーラム
デンタルクリニック
公式HPへ
     

コストを抑えた
スピード施術

ワンデイセラミック

たった1日のセラミック治療で、自然な仕上がりが期待できる技術

症例数NO.1クリニック

湘南美容歯科
公式HPへ