審美性なら

リリアーナ
デンタルクリニック

スピード重視なら

湘南
美容歯科

独自施術なら

赤坂フォーラム
デンタルクリニック

他院で治療を失敗したので修正したい

このページでは、歯の治療を失敗してしまったときに他院でどのように修正するのかについてまとめています。

治療失敗の悩みを解決するには?

歯の治療を失敗してしまったときは、修正をしてもらわないと不具合は解消しません。失敗したのと同じクリニックではなく、別のクリニックで診察を受ける方が多いようです。

修正治療とは

痛みや不具合の原因を調べ、適切な処置をおこなって歯並びを修正します。よくある失敗は以下のようなものです。

歯の治療が失敗したとき、すぐに症状が現れる場合と時間が経って現れる場合があります。歯や歯茎の不調や不具合は気づきやすいのですが、噛み合わせが悪くて起こる頭痛や腰痛、体調不良は気づきにくいもの。治療を受ける前と後で体調の変化が無いかチェックするようにしましょう。

他院の失敗を改善してくれる美容歯科

美容歯科で受けられる「RSテクニック」なら、機能だけでなく、審美性の高い改善が期待できます。
RSテクニックはコンピューターを駆使して、歯並びと顔のバランスを調整しながら、治療をすすめていく方法。細かな部分のバランスをとりながら、他院の修正が可能です。
機械の精密さが加わることで、より美しい歯並びを実現できます。

治療前に撮影した写真をもとに、RSテクニックのコンピューター画像で理想的な歯を再現。日本ではまだ馴染みが薄い審美治療テクニックですが、一度失敗してしまった歯を美しい歯にしたい方におすすめの治療方法です。さらに、白くて自然な見た目の歯を手に入れるためには、RSテクニックとクラウン治療を取り入れているクリニックを選ぶことがおすすめです。より理想的な歯と美しい歯並びが手に入るでしょう。

他院で失敗してバラバラになった歯並びを治療するためには、しっかりと嚙合治療を受けることが必要です。例えば、抜歯をせず拡大装置を使って上顎を広げて歯並びだけを整えると、前歯が前に出てきて出っ歯になってしまいます。しまいには、唇の筋肉で口を閉じることができなくなるケースも少なくありません。失敗してしまった歯並びを治療してもらう際には、上顎の歯と下顎の歯の噛み合わせについて正しく治療できるクリニックを選ぶようにしましょう。

少しだけ前歯が出てしまっているケースの場合、クラウン治療やラミネートベニア法で治療することが可能です。歯を削ってセラミック製のかぶせ物で歯並びをキレイにします。ただし、健康な歯を削るため、歯へのダメージがあるので、なるべく歯を削らない治療方法を取り入れているクリニックを選ぶようにしましょう。

他院の修正治療中に注意することは?

修正する内容により、治療も変わってきます。しかし、共通していえるのは丁寧な口腔ケアを欠かさないようにすることです。
「治療の一環として」または「治療をすすめるため」に口の中の健康を保つよう心がけてくださいね。

治療失敗治療の費用目安

修正内容によるため、一概にはいえません。

治療失敗になる原因とは?

間違ったクリニック選び

キレイになりたいと考える人に対し、腕が無い医師や不誠実な歯科医が見た目だけを整える治療をおこなった結果、こうした失敗が生まれてしまいます。安すぎる・実績に不安があるクリニックは避けるのが無難です。歯科治療を失敗しないコツは、病院選びにあります。
しかし、料金設定が高いから失敗しないとはいえません。治療をおこなってくれる医師の実績や口コミなどを参考にして選ぶようにしましょう。歯の機能も考えてくれる美容歯科なら、他院の修正に加えさらに美しい歯並びを提案してくれるはず。美しい笑顔は取り戻すことができるのです。

治療が難しい歯並びや歯が大きい

あまりにもひどい乱ぐい歯は、治療に時間がかかるうえに、上顎の歯と下顎の歯にスキマができる可能性があり、治療が失敗してしまう原因となります。このように失敗してしまった場合は、外科治療で治療しなければいけないケースも少なくありません。

また、歯が大きいにも関わらず、歯並びだけを治した場合、上顎と下顎の噛み合わせが悪くなることがあります。

抜歯の選択ミス

矯正治療の治療過程では、抜歯することも少なくありません。抜歯に失敗してしまうと噛み合わせが悪くなり、最終的に再度歯並びが悪化してしまいます。抜歯の失敗には2種類あり、抜歯をせずに矯正治療の効果が実感できないパターンと、不必要な箇所を抜歯してしまい矯正治療の効果が実感できないパターンです。

正しく抜歯の有無を判断して、抜歯するなら最適な歯を選定できる技術が必要となります。この技術を持っていない医師が治療を担当すると、キレイな歯並びになりません。また、抜くべき歯を抜かないで歯並びだけ整えようとすると、下の歯が押し合って前歯が出てしまうこともあります。

治療後のマウスピースを装着しない・無理な矯正治療

一度矯正装置を使って動かした歯は、治療後に装置を外すと元の位置に戻ろうとします。治療後、元に戻らないためのマウスピースを装着せずにいると、治療が失敗してしまう可能性が高いでしょう。

また、矯正に入る前に顎の大きさや歯の形、噛み合わせを検査せずに、無理に治療を行なうとトラブルを引き起こすおそれがあります。

【悩み別】
おすすめクリニックはこちら!

         

審美性にこだわった
最高級の施術

RSテクニック

唇のライン・歯並び・歯の向きから笑顔の黄金比を導き出す技術

症例数NO.1クリニック

リリアーナ
デンタルクリニック
公式HPへ
     

歯茎のラインを整える
独自施術

BTAテクニック

骨を削らず歯肉を手軽に整え、術後も後戻りしない技術

症例数NO.1クリニック

赤坂フォーラム
デンタルクリニック
公式HPへ
     

コストを抑えた
スピード施術

ワンデイセラミック

たった1日のセラミック治療で、自然な仕上がりが期待できる技術

症例数NO.1クリニック

湘南美容歯科
公式HPへ