審美性なら

リリアーナ
デンタルクリニック

スピード重視なら

湘南
美容歯科

独自施術なら

赤坂フォーラム
デンタルクリニック

長い歯を短くしたい

小動物みたいで可愛いと言われることもあるけれど、噛み合わせや滑舌が悪くなる厄介な長い歯。解決するための美容歯科治療や注意点、費用や原因を詳しく紹介します。

長い歯の悩みを解決するには?

原因にもよりますが、長く見える歯は歯列矯正やセラミッククラウン、美容歯科によって解決できます。

歯列矯正

他の歯よりも前にズレて生えていたりやや外側に向かって生えていたりするなど、歯の生え方によって他の歯より長く見える場合に有効です。ワイヤーやマウスピースで歯列を矯正することにより、歯の長さが気にならなくなります。

セラミッククラウン

角度の問題ではなく長い歯がある場合は、歯を削って人工歯を被せることで改善できます。とくに前歯を治療する場合は他の歯と馴染むよう、自然な歯に近い素材である「オールセラミック」を選ぶのが最適です。

美容歯科

長い歯を単純に短くするのではなく、それぞれの顔にピッタリと合う歯へと仕上げていくのが美容歯科です。RSテクニックをはじめとした、写真から最も美しく見える歯のバランスを解析する施術技法を導入しているクリニックでなら、機能面・見た目といった歯に関する悩みを一気に解消できます。

特にRSテクニックでは、治療前に撮影した写真をもとにして、顔と歯のバランスが取れるようにコンピューターが理想的な歯の形を再現します。日本ではまだ馴染みが薄い審美治療テクニックですが、美しい歯を手に入れたい方におすすめ。

さらに、白くて自然な見た目の歯を手に入れるために、RSテクニックとクラウン治療を併用すると、理想の色の歯を手に入れることができます。歯の長さの治療を受ける際にRSテクニックを使用しなかった場合、仕上がりがわからないため、治療後どのような印象になるのかをイメージすることができません。治療後のイメージをできないと不安なまま施術されて、ストレスを感じてしまいますよね。ストレスは口腔環境を悪化させてしまう原因にもなるので、治療中もなるべくストレスを感じないようにすることがベストです。

現状日本ではRSテクニックを活用できる歯科医師は少ないですが、都内にはRSテクニックを5年以上も前から取り入れているクリニックや、RSテクニックと歯へのダメージが少ないクラウン治療を併用しているクリニックがあります。

安全かつレベルの高い治療を受けたい方や、美しい歯を手に入れたい方は、ぜひRSテクニックを導入しているクリニックでの治療を検討してみてはいかがでしょうか。

長い歯の治療中に注意することは?

「長いから削ってしまおう」という安易な考えは危険なので要注意。歯の内部には神経が通っているので、削る範囲が多くなればなるほど歯に負担をかけ、知覚過敏のリスクを高めてしまいます。見た目が良くなっても、歯の機能が損なわれてしまっては元も子もありません。
同じ人工歯を被せる治療でも、クリニックによっては歯にかかるダメージを最小限におさめることができるので、治療方法を詳しくチェックしましょう。できるだけ削らずに治療できる方法を選択することが大切です。

長い歯の治療の費用目安

歯列矯正やセラミッククラウンは、方法やクリニックの違いによって費用に差があります。以下の料金は目安として把握しておいてください。

長く見える歯が一部分に集中している場合は、部分矯正部分矯正も有効です。歯全体を矯正するよりも安く治療できます。

長い歯になる原因とは?

一部の歯だけが長くなってしまう原因にはさまざまありますが、歯並びの悪さによって歯が長く見えてしまっているケースと、遺伝によって歯の長さにバラつきが出てしまうケースが一般的です。

歯並びの悪さ

その歯だけ他の歯よりも前にズレて生えていたり、傾いて生えたりすることで本来は同じ長さの歯が違う長さに見えてしまいます。
このケースは錯覚で長く見えているだけで、本当に歯が長い訳ではありません。

遺伝的な要因

歯並びや骨格の多きさが遺伝するように、歯の大きさも遺伝することがあります。また永久歯の芽は妊娠3~4ヶ月にできると言われていて、そのときにお母さんが摂取する栄養によって、歯の大きさに影響が出るようです。

原因はさまざまありますが、美しく解消するには自分の骨格や笑顔に合わせた治療を受けることがイチバン。クリニックによってはただ歯を短くするだけでなく、一人ひとりの顔にピッタリの長さ・形の歯をデザインできる技術を持っているところがあります。あなたに合った治療が受けられる美容歯科を探してください。

歯周病が原因で歯が長く見える

歯周病になり症状が進行すると、顎の骨が徐々に溶かされて、歯ぐきがやせ細ってしまい歯肉が下がってしまいます。そのため、歯が長く見えるようになるのです。歯肉が下がったままだと、その部分に歯垢が溜まりやすくなり、さらに歯周病が悪化するという悪循環になってしまいます。歯が長く見える部分は虫歯になりやすく、知覚過敏を引き起こす原因にも。 また、歯ぐきが下がり歯が不自然に長く見えると、老けた印象になり審美的に良いとは言えません。

加齢で歯茎がやせる

歳を重ねると歯ぐきがやせて、歯肉が下がってしまうことがあります。加齢に伴う歯ぐきのやせを防ぐためには、普段から口腔ケアを徹底することが大切です。また、歯周病を予防するために正しい生活習慣を意識しましょう。

間違った歯みがきにより歯ぐきが下がる

歯みがきをする時に強めにブラッシングしてしまう方は、歯ぐきを傷つけてしまい歯が長く見えてしまう可能性があります。通常であれば傷ついた場合でも再生することができますが、何度もダメージを受けてしまうと再生できず、歯肉が下がってしまうのです。歯みがきをする際には優しい力加減で汚れを落として、歯ぐきを傷つけないように気を付けましょう。

【悩み別】
おすすめクリニックはこちら!

         

審美性にこだわった
最高級の施術

RSテクニック

唇のライン・歯並び・歯の向きから笑顔の黄金比を導き出す技術

症例数NO.1クリニック

リリアーナ
デンタルクリニック
公式HPへ
     

歯茎のラインを整える
独自施術

BTAテクニック

骨を削らず歯肉を手軽に整え、術後も後戻りしない技術

症例数NO.1クリニック

赤坂フォーラム
デンタルクリニック
公式HPへ
     

コストを抑えた
スピード施術

ワンデイセラミック

たった1日のセラミック治療で、自然な仕上がりが期待できる技術

症例数NO.1クリニック

湘南美容歯科
公式HPへ