審美性なら

リリアーナ
デンタルクリニック

スピード重視なら

湘南
美容歯科

独自施術なら

赤坂フォーラム
デンタルクリニック

セラミック治療でよくあるQ&Aをご紹介

セラミックの素材は何ですか?

セラミックの素材は陶材になります。非常に硬い素材なので高い強度が期待できます。また天然の歯と同じか変わらないぐらいの色合いで、自分の歯としても違和感なく使用することができます。金属を一切使用していないので、金属アレルギーの方にもオススメの素材です。また親和性が高いため自分の歯としても違和感なく、さらに長持ちするためほぼ永久的に使用が可能です。

セラミック治療にかかる時間はどのくらいですか?

セラミック治療にかかる時間は、治療の内容や治療する歯の本数によって大幅に変わります。無地場がある場合には先に虫歯の治療を優先させなくてはならならず、またその虫歯がセラミックを被せた時に再発しないようにするための治療も行なうので、より一層時間がかかってしまいます。長くなれば2ヶ月以上かかる可能性もあります。またご自身のセラミックが出来上がるまでにも1週間以上時間が必要となるので、お急ぎの場合はまずカウンセリングでその旨をお伝えいただき、診察で治療計画を立てて行きましょう。

セラミック治療の金額はサイトに載せている通りですか?

サイトに掲載しているセラミック治療の金額はおよその金額になります。記載されている金額以上になる可能性もありますが、歯の本数や歯の状態、使用するセラミック素材によっても金額は大きく左右されてしまいます。最初のカウンセリングでも料金いついて相談することが可能ですし、予算を伝えればより治療計画が立てやすくなります。金額について不安な時はまず相談しましょう。

セラミックの歯は割れやすいのでしょうか?

セラミック治療で使用するセラミックには数種類あり、それぞれの種類によって強度に違いがあります。奥歯に適した素材としてはジルコニアセラミックがオススメで、前歯にはオールセラミックがオススメです。どの種類のセラミックを使用するかなどは、診察やカウンセリングなどで詳しく質問したり説明したりすることができるので、まずは一度相談に行きどのような素材を使用するか相談しましょう。

メタルボンドとオールセラミックの違いを教えてください

メタルボンド

メタルボンドは金属の外側セラミックを焼き付けたものになります。高い強度を持つので奥歯の治療に用いられますが、金属を使用しているため金属アレルギーの方には不向きで、金属の種類によっては金属が溶け出してしまうので、歯茎を変色させてしまう可能性があります。

オールセラミック

オールセラミックはセラミックのみで作られており、金属アレルギーの方でも安心して使用することができ、より自然に近い歯の色で馴染みやすい特徴があります。ただし強度が奥歯には不向きなので、前歯で使用されることが多いです。

前歯の隙間はセラミック治療できますか?

隙間を作っている両側の歯にセラミックの歯を被せて隙間を埋めることができます。ただし隙間を埋めるために少し大きめの歯をかぶせることになります。バランス等は違和感のないように作られますし、オールセラミックを使用すれば色も違和感なく自然に仕上げることができます。

出っ歯はセラミック治療ができますか?

出っ張ってしまっている部分を削り、小さくしてから歯軸を整え修正してからセラミックの歯を被せる治療を行なうことができます。出っ張りの削り具合やバランスは、セラミック治療を始める前に行なうため美しい状態の仕上がりを手に入れることができます。

セラミック治療後はどのくらい使うことができますか?

セラミックの素材は陶器のような材質なので、強い衝撃に弱いという特徴があります。強度は強いと言われていますが、瞬間的にかかる衝撃には耐えられず、割れてしまったりかけてしまう可能性もあるのです。ただし劣化はすることがないので、ボロボロになってしまうということはありません。かけた場合は作り直しとなるので、再度治療が必要となります。またセラミック自体の劣化や破損を心配するのではなく、セラミック内の自分の歯が虫歯や歯周病に罹る心配があります。セラミック自体はとても長くメンテナンスによっては永久的に使用することができますが、セラミック内の歯を定期的にメンテしておくことが必要となります。

セラミックは変色しませんか?

セラミックの素材は陶器のようなものなので、お皿で使用されているものと同じようなものと考えて良いでしょう。そのため変色するということはありません。水分を吸収したりすることがないので、白い歯を永久的に保つことが可能です。オールセラミックは内部までセラミック素材で作られているので、綺麗に保つことができれば一生白く美しい歯でいられるでしょう。

セラミック治療は必ず削らないとダメですか?

セラミック治療が全て本来の歯を削らないといけない治療ではないので、削らずに治療を進めることもできます。ただしそれは治療の内容・歯の状態によって決められます。削りたくない方も多いですが、削らなければ治療が進められない場合もあります。削ることに関して大きな不安を抱えている方は、まずはカウンセリングや診察でどのような状態になるのかを確認し、削ることに関しての不安も伝えておくと良いでしょう。また審美歯科治療では歯を黙って削られるということはありません。保険適応外の高額な治療になるので、それだけ慎重に治療も進められますが、もしも不安になったらしっかりと相談しましょう。

セラミック治療後に違和感を感じたらどうすればいいですか?

セラミックの治療の際に体調や体のコンディションにより、後日違和感を感じてしまうという方も少なくはありません。そのためセラミックの治療後には必ずその後の具合をお伺いする診察を設けています。もしもそこで会わないと感じた場合には、もう一度合わせ直すことの可能です。多少時間を取る場合もありますが、自然に違和感なくセラミック治療を行なうためにも必要なので、セラミック治療後におかしいと感じたら、すぐに診察に行くようにしてください。

まずは話だけが聞きたいのですが

セラミック治療に関するカウンセリングは、各クリニックでも無料で行っています。自分に合うか合わないかを決めるのは、どのような治療を進めるのか治療計画や方針を知ってからでも構いません。審美治療は強制して行なうものではないので、より安心して安全に治療を進めるためにもしっかりと最初にカウンセリングを行なってもらってから、決断するようにしましょう

【悩み別】
おすすめクリニックはこちら!

         

審美性にこだわった
最高級の施術

RSテクニック

唇のライン・歯並び・歯の向きから笑顔の黄金比を導き出す技術

症例数NO.1クリニック

リリアーナ
デンタルクリニック
公式HPへ
     

歯茎のラインを整える
独自施術

BTAテクニック

骨を削らず歯肉を手軽に整え、術後も後戻りしない技術

症例数NO.1クリニック

赤坂フォーラム
デンタルクリニック
公式HPへ
     

コストを抑えた
スピード施術

ワンデイセラミック

たった1日のセラミック治療で、自然な仕上がりが期待できる技術

症例数NO.1クリニック

湘南美容歯科
公式HPへ