審美性なら

リリアーナ
デンタルクリニック

スピード重視なら

湘南
美容歯科

独自施術なら

赤坂フォーラム
デンタルクリニック

ジルコニアのやり直し

ジルコニアは非常に優れた特性をもった素材で、審美治療として注目が集まっています。しかし、ジルコニアには失敗する例もあるので、事例と共に見ていきましょう。

具体的なケース

黒ずみが気になる

前歯に金属が含まれたブリッジ(欠損した歯の代わりとなる人工の歯を両隣で固定する治療)を被せたところの歯と歯肉の間が黒くなっていたり、境目がはっきりと見えていました。色も均等に合っておらず希望に反した仕上がりに。

黄ばんでいる

黄色く変色した差し歯が気になったので、セラミックを使用して被せ物をすることに。金属で裏打ちされた状態で差し歯を装着したところ、その金属の性質が歯と歯肉の境目が黒ずんでいました。

失敗の原因

金属成分が原因に

虫歯の治療で使う歯の被せものに銀歯やセラミック製が使用されている場合は、歯茎が黒ずむ原因となります。セラミックの金属成分が溶け出して、歯茎に付着して黒ずんでしまうのです。被せものや銀歯などを装着している人が必ずなるとは限らないですが、長年使用していく中で多くなる傾向にあります。

銀イオンが黒ずみをつくる

歯茎は銀イオンを嫌い、歯茎が黒くなったあと歯茎が下がってしまいます。差し歯と歯の境目がはっきりしてしまい、歯の根っこ部分が露出してしまうのです。

象牙細管を経由して黒ずみをつくる

土台に使われている金属の心棒は歯の内部にあるので、歯茎と関係がないと思われがちですが、銀イオンが歯の根っこの象牙細管という毛細血管のような細管に入り込んで歯茎を黒く変色してしまいます。

対処方法

非金属性を使用

黒ずみの原因となっているかぶせ物や銀歯を非金属のセラミックなどと交換することにより改善されます。また、最初の治療段階で金属以外の素材を使用すると再治療を行なう必要が無くなります。

ジルコニアオールセラミックを使用

差し歯を金属が全く使われていない「ジルコニアオールセラミック」に変えることにより金属成分が歯茎に溶け出すことがなくなるため、改善されます。

歯科用レーザーで改善

土台や差し歯の銀イオンを取り除いても、歯茎の変色した部分がとれない場合があります。その時は、歯科用レーザーを使用して、こびりついた歯茎の色素を取り除くことが有能です。

セラミック製を使用

差し歯は白いプラスチックを長年使用したことにより色がくすんでいたようです。そこでセラミックを使用した被せ物を作製することでで、汚れがつきにくく、色もつきづらくなります。

まとめ

このように歯の状態によって行なう施術方法は異なります。不安を取り除いて治療に取り組むためにも技術力の高い歯科医院を選ぶことは大事。顔と歯のバランスまで考えた治療を行なってくれる医師を選ぶのがおすすめです。

【悩み別】
おすすめクリニックはこちら!

         

審美性にこだわった
最高級の施術

RSテクニック

唇のライン・歯並び・歯の向きから笑顔の黄金比を導き出す技術

症例数NO.1クリニック

リリアーナ
デンタルクリニック
公式HPへ
     

歯茎のラインを整える
独自施術

BTAテクニック

骨を削らず歯肉を手軽に整え、術後も後戻りしない技術

症例数NO.1クリニック

赤坂フォーラム
デンタルクリニック
公式HPへ
     

コストを抑えた
スピード施術

ワンデイセラミック

たった1日のセラミック治療で、自然な仕上がりが期待できる技術

症例数NO.1クリニック

湘南美容歯科
公式HPへ