審美性なら

リリアーナ
デンタルクリニック

スピード重視なら

湘南
美容歯科

独自施術なら

赤坂フォーラム
デンタルクリニック

ホワイトニング

美容歯科の中でも「白く美しい歯を手に入れたい」と願う人々にとって、手軽な施術として人気の高いホワイトニング。ここでは治療法についてわかりやすく解説しています。メリットやデメリット、料金などもまとめているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

美容歯科のホワイトニングとは

セラミックやジルコニアをはじめ、歯を白くする治療法はいくつか存在します。その中で、削ったり被せたりせず、歯そのものを白くすることを目的としているのがホワイトニングです。コーヒーや紅茶、タバコのヤニによって歯についた色素を漂白し、元の白さへ導いてくれます。

市販の歯磨き粉や毎日の歯ブラシではなかなか落ちない歯の汚れも、すばやく落としてくれる美容歯科メニュー。「セルフケアでは改善できない!」という方におすすめです。

最近は、美意識の高い女性だけでなく、第一印象を重要視する営業職の方にもホワイトニングが広まっています。「芸能人は歯が命」と言われていた一昔前と比べると、今では歯を白くすることが、より一般的になっているようです。

ホワイトニングはすばやく施術を終わるので、「明日大切な用事がある」「できるだけ早く白くしたい」といった方に向いているでしょう。

ホワイトニングの治療方法

ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングがあります。それぞれの治療法をまとめているのでぜひチェックしてみてください。

オフィスホワイトニング

クリニックで行なう一般的なホワイトニングを、オフィスホワイトニングといいます。

歯にホワイトニング剤を塗布したのち、特殊な光を当てることでどんどん歯が白くなっていく仕組み。ホワイトニング剤が着色物質を分解・溶解させることで元の白さに戻るのですが、1回で白くなる範囲には限界があります。沈着の度合いによっては、数回に分けてホワイトニングを行う必要があるでしょう。

また、照射回数が多いほど白さの持続率は長くなります。自然な白さをキープしたいなら、施術を後数回受けた方が良いでしょう。

ホームホワイトニング

オフィスホワイトニングとは異なり、自宅で歯を白くさせるのがホームホワイトニングです。はじめに、クリニックで自分の歯並びに合ったマウスピースを作製。出来上がったらマウスピースを持ち帰り、ホワイトニングしたいときに使用します。

ホワイトニングする際は、マウスピースにホームホワイトニング剤を注入し、歯にはめて8時間ほどつけたままにします。期間は10日程度。オフィスホワイトニングに比べると白くなるのに時間がかかりますが、その分、色の戻りも遅いのが特徴です。何度かクリニックに通う必要もないので、無理なく続けられるでしょう。

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた方法です。オフィスホワイトニングでダイレクトに歯を白くして、ホームホワイトニングで持続させます。理想通りの白さをキープしたいという方にぴったりの施術法でしょう。

メリット

治療を受けやすい

ホワイトニングのメリットの1つに治療が受けやすいことが挙げられます。歯を削らずに白い歯を手に入れられるので、気軽に受けやすい施術でしょう。また、他の施術に比べてリーズナブルな価格設定になっているので、費用が気になる人にもおすすめです。

1度の施術で白くなる

オフィスホワイトニングは、1度で高い効果が期待できるのが特徴です。そのため、面接や結婚式をはじめ特別な日が明日あるいは数日後に迫っているときはもってこいの施術でしょう。また、施術を何度か繰り返すことで理想の白さをキープできます。

比較的痛みが少ない

歯を削らずに施術するので、痛みがなく麻酔が必要ない施術です。そのため、激しい痛みはないでしょう。ただ、ホワイトニング剤が染みる場合があるので、痛みに弱い方は医師に相談してみると良いでしょう。

デメリット

視覚過敏になる場合がある

ホワイトニングを継続すると、知覚過敏になることがあります。今まで食べても問題なかった冷たいものや温かいものを食べると、違和感を感じるようになるのです。知覚過敏に限らず薬剤の濃度が高い場合、一時的にしみることがあるので、注意が必要です。

真っ白にならない

ホワイトニングで歯を白くするには、限界があります。歯を削って白くする治療法は新しいシートのようなものを被せることで、紙のように真っ白にすることが可能です。

しかし、ホワイトニングは歯そのものを漂白させるので、真っ白と言うより、自然な白さになります。輝くような白い歯が理想!という人は、他の施術も検討してみてください。

定期的に受ける必要がある

ホワイトニングは定期的に受けないと、元の色に戻ってしまいます。オフィスホワイトニングを1度受けたとしても、食生活や歯の性質によって再着色してしまう可能性があるのです。

白さを持続するなら、何度かオフィスホワイトニングを受けたのち、自宅でホームホワイトニングを受けると良いでしょう。

料金

オフィスホワイトニングの金額の平均は5千~3万円です。クリニックによって大きく異なる場合があるので、事前に確認しましょう。

また、施術を受ける回数によって、トータルでかかる費用も異なります。合計で何回受ける予定か医師と話し合い、料金面でもすり合わせるようにしてください。

ホームホワイトニングの金額の平均は1万5千~3万5千円です。ホワイトニング剤が無くなった後も継続するなら追加料金も必要になることを頭に入れておきましょう。

注意点

ホワイトニング直後は、色素が付きやすい状態です。そのため、カレーライスやワインといった色素の強い食べ物や飲み物は避ける必要があります。喫煙によるヤニも付きやすいので、施術を受けてから1時間程度は控えると良いでしょう。

また、ホワイトニング直後は、オレンジジュースやグレープフルーツジュースをはじめ強い酸性の飲み物は歯への刺激が強いため、十分なホワイトニング効果が得られない場合があります。十分なホワイトニング効果が得られない場合があります。食べ物・飲み物には十分に注意しましょう。

また、虫歯や歯周病を持つ人は施術が受けられないほか、妊婦さんや授乳中の方は薬剤が体に影響を与える可能性も。施術を受ける前に、医師への相談が必要になります。

病院の選び方

病院を選ぶ際は、自分の目的に合った場所を選ぶことが大切です。一言に「歯科医院・クリニック」と言っても、美容歯科・審美歯科・矯正歯科の3つに分けられます。それぞれの強みを理解することで、より理想に近い歯を手に入れられます。

ホワイトニング後は自宅や外食での食事に注意!

ホワイトニング終了から24時間ほどは、歯の環境が通常時と異なるため特に着色しやすい状態です。そのため、普段何気なく口にしている食べ物や飲み物でも着色の原因に!色の濃いものや歯へ強い刺激を与えるものを避ける必要があります。

色の濃いコーヒーやポリフェノールを含むワイン・ココアなどの着色を引き起こしやすい飲み物も避けた方が良いですが、もし24時間以降に飲む場合は歯に接触させないようにストローを使用してください。また、食べたり飲んだりした後に口をすすぐ、水を飲むだけだけでも口腔内がきれいになり、再び着色するのを防止できます。決して難しいことではないので、少し意識して過ごすようにしてみてください。

ホワイトニング後におすすめの食べ物・飲み物

白い食べ物・薄い食べ物を選ぶのがおすすめです。主食であれば、ご飯やパン、パスタがおすすめです。しかしジャムやソースなどを使う場合、色が濃いと着色の原因になるので注意しましょう。

野菜も色鮮やかな緑黄色野菜をセーブして、もやし・白菜・大根などを中心にすると良いでしょう。

カレーをはじめとした濃い色の食べ物

ホワイトニング直後は歯の表面の薄い保護膜がはがれている状態です。この保護膜が再生されるためには24~48時間はかかるといわれています。その間は色がつきやすい状態でもあるので、カレーをはじめとした色の濃い食べ物は着色を引き起こす危険性があります。せめて、2日間は避けた方が良いでしょう。

うっかり食べてしまった時でも、ホワイトニング前より濃い着色を起こすことはほとんどありません。しかしホワイトニング直後は通常よりも着色を引き起こしやすい環境なので、食後はできるだけ早く歯を磨いてください。すぐに磨くことが難しい場合には、口の中を速やかにきれいにするために、すすぐ・水を飲むなどを意識することで、再着色を防げます。

コーヒーや紅茶

色の濃い飲み物も、濃い食べ物と同様に着色を促す危険性があります。そのため、できるだけ歯の表面に触れないようにストローを使用して飲むことをおすすめします。また飲んだ後に歯磨きをしたり、口をすすいだりするだけでもかなり違います。

薄い色の食べ物

色が薄い食べ物であっても、酸性が強い食べ物には歯の表面のカルシウムを溶かす働きがあるので注意してください。歯の表面を荒らされて、元に戻りにくくなる危険性があります。そのためホワイトニング治療から1時間以内は、酸性が強いとされる柑橘類や炭酸飲料、酢、ドレッシングなどの食品は可能な限り避けてください。

黄ばみの原因

そもそも歯が黄ばむ原因は何なのか、その仕組みを知っておきましょう。歯が黄ばむ原因は、大きく分けて以下の4つです。

食べ物・飲み物・タバコなど外部からの着色

コーヒーや紅茶などを飲むと、歯の表面が黄ばんだ状態になります。この黄ばみは「ステイン」と呼ばれている着色汚れです。ステインは、色の濃い食べ物や飲み物を摂取することで付着します。色の濃い食品に含まれるポリフェノール類が、歯の表面を覆っているタンパク質「ペリクル」と結びつくためです。ポリフェノール類は、コーヒーや紅茶のほか、緑茶や赤ワイン、ココア、チョコレート、カレー、バナナなどにも多く含まれています。

食品以外でのステインの要因となるのが、タバコのヤニです。歯の表面に直接染み付くので、セルフケアを徹底していないと落としにくい汚れになります。

ステインがついたまま放っておくと、汚れは歯の表面を覆うエナメル質の中にまで浸透。口臭の原因にもなるため、できるだけ早いうちに対処する必要があります。蓄積したステインを手っ取り早く除去するには、ホワイトニング治療が有効です。

虫歯による黄ばみ

食事をした後、口の中は酸性になります。歯の表面のエナメル質を溶かす「脱灰」と呼ばれる状態です。脱灰が長く続くと歯に穴が空いて、虫歯に…。通常は唾液の分泌によって中和され、脱灰で溶け出した歯を元に戻してくれる再石灰化が起こります。しかしダラダラ食べや間食が多くなると、口の中は酸性の状態のまま再石灰化が行われず、虫歯になる確率がアップ!虫歯がひどくなると歯の表面の艶が失われ、黄ばみも際立ってしまいます。

加齢による黄ばみ

歳を重ねるごとに、歯の表面を覆うエナメル質は減っていきます。逆に、歯の内部を作る象牙質の色が濃くなったり、厚くなったりするのです。エナメル質は半透明な一方、象牙質は黄味を帯びているため、色が透けて黄ばんで見えます。加齢によって黄ばんだ歯も、ホワイトニングで白くすることができます。

抗生物質による黄ばみ

歯が形成される時期(0〜6歳ころ)にテトラサイクリン系の抗生物質を摂取すると、数年経って歯が着色することがあります。歯に紫外線をあてることで、色が濃くなるのが特徴です。この着色は、歯磨きで除去することができません。抗生物質による歯が黄色く着色した場合は、ホワイトニングで白くなります。

最近のホワイトニング事情

デンタルケアを常識とする欧米人にならってか、日本人の歯に対する美意識が高まりつつあります。

日本と欧米のホワイトニングの違い

日本でのポピュラーなホワイトニングは、美容歯科でやってもらうオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングです。一方、アメリカでのホワイトニングは、市販されているホワイトニング剤を使うのが主流です。1日1回貼るだけのホワイトストリップスや、UVやLEDの光を採用したホワイトニングキット、ホワイトニング用の歯磨き粉などが、ドラッグストアで簡単に手に入ります。日本では認可されていないホワイトニング剤が市販されているアメリカに比べ、日本のホワイトニングは種類も少なく、価格も手ごろとは言えません。

しかし、近頃、男女を問わず歯を白くしたいと願う人が増えているのです。仕事についても効率化が重要視される時代。セルフケアに力を入れるのではなく、より短い時間で理想の白い歯に近づくために美容歯科へ相談する人が多くいます。

ホワイトニングに投資する人の増加

芸能人が通う美容歯科などが紹介されたり、憧れの芸能人のようになりたくて歯を白くする人がいたりと、ホワイトニングへの関心が集まっています。

女性の間で流行っているのは、ブライダルプランでのホワイトニングです。結婚式で白無垢やウェディングドレスを着た際、純白の衣装との対比で歯が黄ばんでいるのが際立って見えるため、ホワイトニングをする新婦が増えているのだとか。和装の場合は特に白塗りに近いお化粧をするので、歯の黄ばみが浮いてしまうことも。一生に一度の晴れ舞台となる結婚式です。衣装合わせの前に、ホワイトニングを忘れずに行いましょう。

美容に興味がある女性以外にも、「ビジネスシーンで第一印象を良くしたい」という理由でホワイトニングを受ける男性も多くいます。欧米では、歯の白さは一種のステータス。知的で健康的、清潔感など自己管理能力が高いことを、相手に印象付けることができるのです。海外の方と接する機会の多い職種なら、特に歯の白さには気をつけたいもの。特にタバコを吸う方は、ホワイトニングすることをおすすめします。

ホワイトニングプラス予防の大切さ

黄ばんでしまった歯はホワイトニングで白くなりますが、生活習慣を変えずにいると、いずれまた元に戻ってしまいます。着色汚れを起こす食べ物や飲み物に気をつけ、虫歯にならないように歯磨きや歯間ブラシを徹底して行うなど、可能な限り歯の変色を予防することも大切です。歯は髪の毛のように生え変わることはありません。一生大切に使うものだから、予防習慣を身につけましょう。

【悩み別】
おすすめクリニックはこちら!

         

審美性にこだわった
最高級の施術

RSテクニック

唇のライン・歯並び・歯の向きから笑顔の黄金比を導き出す技術

症例数NO.1クリニック

リリアーナ
デンタルクリニック
公式HPへ
     

歯茎のラインを整える
独自施術

BTAテクニック

骨を削らず歯肉を手軽に整え、術後も後戻りしない技術

症例数NO.1クリニック

赤坂フォーラム
デンタルクリニック
公式HPへ
     

コストを抑えた
スピード施術

ワンデイセラミック

たった1日のセラミック治療で、自然な仕上がりが期待できる技術

症例数NO.1クリニック

湘南美容歯科
公式HPへ