審美性なら

リリアーナ
デンタルクリニック

スピード重視なら

湘南
美容歯科

独自施術なら

赤坂フォーラム
デンタルクリニック

インビザライン

マウスピース型の矯正装置「インビザライン」とは?インビザラインの特徴やメリット・デメリット、費用相場、対応しているクリニックについてまとめました。

マウスピース矯正の一つ「インビザライン」とは?

インビザラインは、透明なマウスピースをはめて矯正を行う方法です。3Dシミュレーションを行って一人ひとりにぴったりのマウスピースを作成し、それをはめることで歯並びを矯正します。

マウスピース矯正には、インビザライン以外にも、クリアアライナーやアソアライナーといった種類がありますが、インビザラインはすでに400万件以上の症例を誇る、もっとも信頼性の高い矯正方法といえます

ワイヤーで行う矯正よりは値が張りますが、装着しても目立たないので、人と話す機会が多い方にはぜひ検討してもらいたい方法です。

インビザラインに対応している歯医者さんはまだまだ少なく、医師の腕に左右される治療でもあるので、いくつかのクリニックを比較・検討してから「どこで治療を受けるのか」を決めましょう。

インビザラインのメリット

矯正中でも目立たない

インビザライン矯正で使うマウスピースは透明なので、つけていても目立たず、普通に話しているだけではほとんど違和感がありません。接客業や営業職など、人と接する機会が多い方に向いています。

矯正中も好きなものが食べられる

ワイヤーで固定する方法だと、ワイヤーの隙間に食べ物が挟まって、装置がズレたり取れたりしてしまう可能性がありました。しかし、インビザラインは、歯全体を覆うマウスピース型の矯正装置。装置は外せるので、食事を制限されることはありません。

口の中の傷や口内炎を防ぐ

ワイヤーやブラケットはデコボコしているため、口の中の粘膜に当たって口内炎ができるリスクもありました。インビザラインは柔らかいマウスピースなので、そういったトラブルを防ぐことができます。また、顔を打ってしまってもケガをしにくいため、激しいスポーツを楽しむこともできます。

装置を丸洗いできるので清潔

マウスピースをまるごと洗浄できるので、とっても衛生的。また、マウスピースを外して今まで通りの歯磨きをすることができるので、自己管理がしやすく、虫歯を予防することも難しくありません。

インビザラインのデメリット

インビザラインができない場合もある

インビザラインは比較的新しい矯正方法。治療計画を念入りに立てる必要があり、知識と技術を要する矯正なので、取り入れている歯科はまだまだ少ないと言われています。未熟な医師がインビザラインを行い、失敗することもあるんだとか。インビザライン矯正をしたい場合は、歯医者さん選びを慎重に行わなければなりません。

自己管理が必須

インビザライン矯正は、マウスピースの装着時間が短いと治療期間が長引いてしまいます。

食べ物・飲み物を口に含むと、マウスピースが変色したり虫歯になったりするおそれがあるので、外すように指示されます。しかし、インビザラインではマウスピースを1日20時間以上は装着する必要があり、間食が多いと外している時間が長くなってしまい、矯正が失敗してしまうことも。

できるだけ間食は控え、装着期間をしっかりと守ることがインビザライン矯正で失敗しないコツです。

インビザラインの相場

部分矯正なら30~50万円ほど、全部矯正なら80~100万円ほどかかります。

インビザラインに対応しているクリニック

【悩み別】
おすすめクリニックはこちら!

         

審美性にこだわった
最高級の施術

RSテクニック

唇のライン・歯並び・歯の向きから笑顔の黄金比を導き出す技術

症例数NO.1クリニック

リリアーナ
デンタルクリニック
公式HPへ
     

歯茎のラインを整える
独自施術

BTAテクニック

骨を削らず歯肉を手軽に整え、術後も後戻りしない技術

症例数NO.1クリニック

赤坂フォーラム
デンタルクリニック
公式HPへ
     

コストを抑えた
スピード施術

ワンデイセラミック

たった1日のセラミック治療で、自然な仕上がりが期待できる技術

症例数NO.1クリニック

湘南美容歯科
公式HPへ