審美性なら

リリアーナ
デンタルクリニック

スピード重視なら

湘南
美容歯科

独自施術なら

赤坂フォーラム
デンタルクリニック

インプラントのやり直し

ここではインプラントを受けなおす必要があるケースや失敗の原因について事例をもとに紹介しています。適切な治療を受けるには、失敗の事例から自分に合っている治療法を探すのも一つの手です。

インプラント治療のやり直しが必要なケースって?

具体的なケース

インプラントが骨にくっつかない

インプラントは口腔内に埋め込み、一定期間置くことで骨とくっつけて固定する治療法です。しかし骨にくっつかずにぐらぐらしたり、抜けてしまうケースが報告されることがあります。

インプラントを埋め込んだ周りの歯茎が腫れる

インプラントが骨にくっつきつつ被せ物が完成して日常生活の食事ができている場合でも、しばらくするとインプラント周りの歯茎が腫れ上がったり、出血してしまったりといったケースがあるので注意が必要です。

インプラントのねじが歯茎から出てしまう

頑丈でない骨の部分にインプラントを埋め込んだ場合に起こる現象です。薄い骨だと治療の影響で溶けてしまい、ネジが飛び出ることがあります。

失敗の原因

失敗の代表的な例として、インプラントと骨がくっつかないことが挙げられます。インプラントは骨とくっつくことで機能するものなので、骨とくっつかなかった場合や、一度くっついても後からはがれてしまったり抜け落ちてしまったりすると失敗する原因に。

正常な歯や骨が基盤となるので、歯周病を患っている方や喫煙者、糖尿病などで骨が弱くなっている方は失敗のリスクが高くなってしまうため、注意が必要です。

対処方法

口腔内で骨の少ない箇所にはインプラントを施さない

インプラントは骨とくっつける施術なので、あらかじめ骨が弱いところへの治療は避けましょう。骨が弱いところに施してしまうと、インプラント周囲炎を引き起こし、骨がなくなる原因になります。

海外製のインプラントを取り扱うクリニックを選ぶ

海外ではインプラント治療の研究が進んでいるため、インプラント周囲炎を起こすリスクがとても低いことから多くのクリニックで採用されつつあります。「日本製だから安心」と思わず、臨床実績で信頼できるメーカーを取り扱っているクリニックの選択が重要です。

人工歯は「Try&Copy法」で作ってもらう

「Try&Copy法」とは、インプラントを埋め込む前に「試し歯」を使い、一定期間シミュレーションを行う施術です。日常生活で違和感がないかどうか患者に試してもらい、微調整をする方法です。埋め込むだけで終わるのではなく、具合を見て治療できるので、治療後のトラブルを防ぎやすくなります。

まとめ

審美治療のやり直しは、個人の歯並びや症状の程度によってケースが異なります。そのため個人に合った治療法の選択が重要になります。しかし、様々な治療法に対応できる腕のある医師にお願いしなければ、また同じように失敗してしまい、何度もやり直しなんてことも…。そうならないためにも、技術力の高い医師・歯科クリニックを探すことが大切です。

【悩み別】
おすすめクリニックはこちら!

         

審美性にこだわった
最高級の施術

RSテクニック

唇のライン・歯並び・歯の向きから笑顔の黄金比を導き出す技術

症例数NO.1クリニック

リリアーナ
デンタルクリニック
公式HPへ
     

歯茎のラインを整える
独自施術

BTAテクニック

骨を削らず歯肉を手軽に整え、術後も後戻りしない技術

症例数NO.1クリニック

赤坂フォーラム
デンタルクリニック
公式HPへ
     

コストを抑えた
スピード施術

ワンデイセラミック

たった1日のセラミック治療で、自然な仕上がりが期待できる技術

症例数NO.1クリニック

湘南美容歯科
公式HPへ