審美性なら

リリアーナ
デンタルクリニック

スピード重視なら

湘南
美容歯科

独自施術なら

赤坂フォーラム
デンタルクリニック

イーマックスのやり直し

自然な歯に近い仕上がりが魅力のイーマックス。ただ人工歯をつくる技術工の腕によってやり直しが必要なケースもあります。とくに似た素材であるジルコニアとの違いが分からず失敗することがあるので、事前に特徴を把握しておきましょう。

具体的なケース

イーマックスに失敗した事例はほとんど見つかりませんでした。しかし、イーマックスとよく似た素材、ジルコニアとの使い分けでやり直しが必要になるケースがあります。どのような事例が考えられるのか見ていきましょう。

見た目への影響が違う

見た目の美しさについては、ジルコニアよりも透過性の高いイーマックスの方が上でしょう。ただし、透過性が高いため土台になる歯が変色している場合は、色が透けてしまうことがあります。

歯の場所によって破損する

ジルコニアはかみ合わせの部分にポーセレンという硬度の低い素材を使用するため欠けやすいという特徴があります。噛む力が大きくかかる部分に使用すると破損してしまう可能性が。奥歯に使用するならイーマックスが最適です。

硬度による違いで利用できない治療も

イーマックスは柔軟性と強度をあわせ持っているため、「天然歯に負担をかけない」「形成しやすい」という利点があります。その反面、硬度はジルコニアの半分程度のため、ロングスパンブリッジなどでは使用できないケースも。

失敗の原因

透過性が違う

仕上がりの見た目に影響が出るのは、2つの素材の透過性によるものです。イーマックスは透過性が高い分、人工っぽくない自然な歯をつくれるのが利点ですが、中の状態が見てしまうことがります。

ジルコニアの奥歯は破損しやすい

ジルコニアの噛み合わせ部分に使用される素材の強度が弱いことで破損が起こります。オールジルコニアの歯では起こる可能性は低いですが、物によっては部分的に違う素材が使用されていて破損につながります。

ジルコニアのほうが硬度が高い

自然な歯に近づけるため、イーマックスには柔軟性の高い素材を使用されています。大きな負担をかけると劣化の恐れがあるので、大きめのブリッジ治療との併用はできません。

対処方法

きれいな歯に仕上げるためには、土台となる自分の歯の状態や、歯ぎしりなどの自分のクセを知ることが大切です。その上でイーマックスとジルコニアそれぞれの特徴をきちんと理解し、自分に合った治療法を選ぶようにしましょう。

とくに硬さの違いには注意が必要です。力仕事をする人やスポーツをする人など歯をくいしばるような人は、天然歯にも負担をかけないイーマックが最適。ただし、歯ぎしりがあまりにもひどいとイーマックスが割れてしまう可能性があります。そんなときはジルコニアを選択肢として考えておくと良いでしょう。

まとめ

どんな治療が最適かどうかは歯の状態や人それぞれの輪郭によって変わってきます。見た目が美しく機能性にも優れた歯科治療を希望するなら、自分に最適な治療法を選ぶのが重要。メリット・デメリットどちらもしっかり説明してくれる信頼できる歯科クリニックを選びましょう。技術力の違いで仕上がりが大きく変わることが多いので、顔と歯のバランスを考えた治療を行なってくれたり、他院修正にも対応していたりするクリニックを選ぶのがおすすめです。

【悩み別】
おすすめクリニックはこちら!

         

審美性にこだわった
最高級の施術

RSテクニック

唇のライン・歯並び・歯の向きから笑顔の黄金比を導き出す技術

症例数NO.1クリニック

リリアーナ
デンタルクリニック
公式HPへ
     

歯茎のラインを整える
独自施術

BTAテクニック

骨を削らず歯肉を手軽に整え、術後も後戻りしない技術

症例数NO.1クリニック

赤坂フォーラム
デンタルクリニック
公式HPへ
     

コストを抑えた
スピード施術

ワンデイセラミック

たった1日のセラミック治療で、自然な仕上がりが期待できる技術

症例数NO.1クリニック

湘南美容歯科
公式HPへ