審美性なら

リリアーナ
デンタルクリニック

スピード重視なら

湘南
美容歯科

独自施術なら

赤坂フォーラム
デンタルクリニック

セラミックのやり直し

ここではセラミック治療についてやり直しが必要なケースや失敗の原因、失敗を防ぐ対策について掲載しています。自分に合ったセラミック治療を行うために必要なポイントを見ていきましょう。

失敗はつきもの…セラミック治療のやり直しとは

具体的なケース

歯肉が黒ずんでしまった

過去に受けたセラミック治療によっては、材質の劣化によって歯が不自然な色になったり、歯肉が黒く変色することがあります。

差し歯をした歯茎が腫れてしまった

セラミックを施した後、その周りの歯茎が腫れてしまう可能性があります。抜歯をした場合に多いケースです。

歯の形が不自然になった

歯の外見や表面の質感が不自然だと、いかにも「治療しました」という印象を与えてしまうもの。もし表面が不自然につるつるだったり、歯並びががっちりとしてしまった場合、自然な仕上がりに治してくれるクリニックに相談してみてください。

失敗の原因

経年の劣化や金属反応

歯茎の黒ずみは金属やシルバーによるもの。金属は濡れた歯茎と接触することで劣化するため、黒ずみを生み出す原因になるのです。

土台となる歯・歯茎が弱い

抜歯によるセラミック治療は、土台の歯が丈夫でないと負担が大きく、炎症や虫歯などの症状を引き起こすことがあります。

医師の技術

カウンセリングや実際の手術など、医者のスキルが不十分だと不自然な仕上がりになることがあります。患者の歯並びや希望を医師がきちんと確認してくれない場合、失敗しやすくなる原因に。

対処方法

差し歯に使われている金属をすべて非金属に差し替える

歯茎の黒ずみを改善するには、金属をすべて非金属に差し替えてもらうことが必要です。もし黒ずみがひどい場合は、専用のレーザーを用いて黒ずみを取り除くことができるので、治療法を確認の上医師と相談してみましょう。

歯並びと歯茎の状態を確認する

歯・歯茎の強度を考慮しないと腫れを起こす原因になります。これを防ぐためには治療を急ぐ前にしっかりと歯の状態を把握しておくことが大切です。

腕利きの医師を選ぶ

セラミックに限らず、審美医療は見た目だけの問題ではありません。安全かつ自然に仕上げてもらうためには治療スキルだけでなく、十分な説明を行なう医師を選ぶことが非常に重要です。口コミやカウンセリングなどで自分に合った医師かどうか判断しましょう。

まとめ

ご紹介しましたように、治療のやり直しの方法は様々です。その人に合った方法を見つけることが重要になってくるので、信頼できるクリニックを見つけることがまず第一歩です。技術で言うと、それぞれの顔と歯のバランスをきちんと取り、修正することができる技術力を持った医師を見つけましょう。

【悩み別】
おすすめクリニックはこちら!

         

審美性にこだわった
最高級の施術

RSテクニック

唇のライン・歯並び・歯の向きから笑顔の黄金比を導き出す技術

症例数NO.1クリニック

リリアーナ
デンタルクリニック
公式HPへ
     

歯茎のラインを整える
独自施術

BTAテクニック

骨を削らず歯肉を手軽に整え、術後も後戻りしない技術

症例数NO.1クリニック

赤坂フォーラム
デンタルクリニック
公式HPへ
     

コストを抑えた
スピード施術

ワンデイセラミック

たった1日のセラミック治療で、自然な仕上がりが期待できる技術

症例数NO.1クリニック

湘南美容歯科
公式HPへ