審美性なら

リリアーナ
デンタルクリニック

スピード重視なら

湘南
美容歯科

独自施術なら

赤坂フォーラム
デンタルクリニック

ブリッジのやり直し

短時間で手軽に治療できる歯科治療として知られているブリッジ治療。しかし、少なからずデメリットやリスクがあり、失敗してやり直す羽目になったという人もいるので注意が必要です。ここでは、ブリッジ治療のやり直しに関して、具体的なケースや原因、対処方法などをまとめました。

具体的なケース

歯を被せた後、周りの歯茎が腫れてしまった

ブリッジ治療では抜けてしまった歯の左右にある健康な歯を土台にして、橋を渡すように人工歯をかぶせていきます。その際、土台にした歯に負担がかかって周りの歯茎が腫れてしまうことがありました。

抜けてしまった歯の歯茎が下がって不自然に

橋を渡すように人工歯をかぶせるため、歯が抜けた部分の上にくる人工歯は宙に浮いている状態。歯茎にピッタリと密着していれば違和感ありませんが、歯茎が衰えて下がってしまうと変な空間が生まれてしまいます。根本部分が見えて見栄えも良くありません。

噛み合わせのズレによって身体のバランスが崩れる

口の健康を考えて治療したはずが、噛み合わせがズレてしまい全身のバランスが崩れてしまったという事例も。

歯の根元部分に膿ができてしまった

土台となる歯の根の中が細菌に感染してしまうと、歯根の先に膿ができてしまいます。そのまま放置してまったりすると、歯を抜かなくてはいけない場合も。

失敗の原因

土台の本数が少ない

健康な歯に大きな負担がかかっている場合、ブリッジを支える土台として歯の本数が十分でないことが原因にあげられます。噛む力に耐えられず、歯の周りや歯茎が腫れてしまっているのです。

噛み合わせや金属の銀イオン

かぶせたブリッジの噛み合わせが良くない場合や、ブリッジについた金属の銀イオンが歯茎につくと、歯茎がダメージを受け下に下がってしまうことがあります。

見た目だけで治療してしまった

全体の噛み合わせを考えずに見た目だけを重視して治療すると、全身のバランスを崩す危険があります。噛み合わせが悪くなると、歯周病といった口腔トラブルだけでなく頭痛や肩こりなど、健康面に影響が出るので注意しなくてはなりません。

神経の治療が不十分だった

歯の神経の治療をしっかり行なわないと、根の先に膿ができるといったトラブルが起こってしまいます。

対処方法

大きなブリッジに作り替える

土台となる歯の本数が足りないと噛む力に耐えられず、歯の周りが腫れてしまいます。その場合は、支える歯の本数を増やし、もっと大きなブリッジに変えると改善できるでしょう。

ブリッジの材質を変える

ブリッジの内側部分が金属の場合、金属の銀イオンが溶け出してしまい、ブリッジの歯の周りが下がってしまうことがあります。オールセラミックにするなど、金属を使用していないブリッジをかぶせることで防げるでしょう。

全体の噛み合わせを見る

見た目ではなく、全体の噛み合わせを重視することが大切です。口内全体の健康はもちろん、身体全体を健康へと導くことにつながります。

ウェルデンツ治療にする

ウェルデンツは近年、歯科治療に新しく採用された人工歯です。審美性が高く、強度や弾力性もあり、自分の歯と変わらない感覚で噛めます。
歯を削らずにブリッジでき、健康な歯を傷つける必要がないのが大きな魅力。トラブルの少ないブリッジ治療ができます。

まとめ

ブリッジ治療によるトラブルの事例は多数あり、ケースによってどのような対処を行なえば良いかは変わってきます。歯の状態や人に合わせた治療が必要になるので、信頼できる歯科クリニックは最重要。審美歯科の技術は進歩しており、今では一人ひとりの顔と歯のバランスに合った最適な治療を行なえる技巧も登場しています。自然で美しく、機能性も抜群な治療を目指すなら、十分なスキルのある医師を選びましょう。

【悩み別】
おすすめクリニックはこちら!

         

審美性にこだわった
最高級の施術

RSテクニック

唇のライン・歯並び・歯の向きから笑顔の黄金比を導き出す技術

症例数NO.1クリニック

リリアーナ
デンタルクリニック
公式HPへ
     

歯茎のラインを整える
独自施術

BTAテクニック

骨を削らず歯肉を手軽に整え、術後も後戻りしない技術

症例数NO.1クリニック

赤坂フォーラム
デンタルクリニック
公式HPへ
     

コストを抑えた
スピード施術

ワンデイセラミック

たった1日のセラミック治療で、自然な仕上がりが期待できる技術

症例数NO.1クリニック

湘南美容歯科
公式HPへ