審美性なら

リリアーナ
デンタルクリニック

スピード重視なら

湘南
美容歯科

独自施術なら

赤坂フォーラム
デンタルクリニック

ブリッジ

失ってしまった歯に人工歯をかぶせ、見た目や機能性を高めるブリッジ矯正。その特徴を解説しています。他にもメリット・デメリット、費用相場、対応しているクリニックについてまとめました。

ブリッジの特徴

ブリッジとは、失った歯の上から人工歯をかぶせる治療法。失った歯の左右にある健康な歯を土台にしてかぶせ、「橋」をかけるような形になるためブリッジという名前がつけられています。

ブリッジは見た目が良く、入れ歯よりもしっかりと噛めるのが特徴。保険適用内での治療ができるのも魅力のひとつです。費用を抑えながら審美性を求められるでしょう。

しかし、全てのブリッジに保険が適用される訳ではありません。土台となる歯の状態や、ブリッジを入れる部位によっては自費での治療となる場合も。保険適用内での奥歯の治療には銀色の素材を使うので、奥歯でも白く美しく見せたい方には自費での治療をおすすめします。

ブリッジのメリット

見た目が美しく自然

ブリッジは入れ歯のようにバネと金属を使用することがありません。選ぶ素材によって違いはありますが、歯をより自然な形で美しく見せられます。

違和感が少なくしっかり噛める

ブリッジ治療は土台となる歯にしっかりと人工歯を接着させるため、グラつきがなく、違和感があまりありません。歯を3点で支えるので噛む力もしっかりしています。

保険適用内で治療できる

条件が必要となりますが、ブリッジは保険適用内で治療ができるため、費用を抑えられます。見た目を重視する場合は自費治療となりますが、思い切り笑えるとあって女性を中心に自費治療をする人も増えてきています。どこまでが保険適用内なのか、治療の前に医師にしっかりと相談することをおすすめします。

ブリッジのデメリット

健康な歯を削らなければいけない

ブリッジには土台となる2本の歯を削ってその上に新しく人工歯をかぶせます。健康な歯でなければ土台にできないのですが、さらにかぶせるにはその健康な歯を削らなければいけません。ブリッジ治療を受けるのであれば、もともとの歯に多少のダメージがあると覚悟しておきましょう。

一生同じものを使えない

ブリッジには寿命があります。健康な歯と違い、ある程度の年数が経つと新しく作り直さなければいけません。また、支えている歯が歯周病にかかってしまった場合はグラつきが生じて、ブリッジを支えられなくなってしまいます。そうならないためにも、定期的にメンテナンスをする必要があるでしょう。

抜けた部分の骨が衰えやすい

入れ歯やインプラントの場合、人工歯は歯茎やあごの骨によって支えられます。しかし、ブリッジの場合は抜けてしまった部分の左右の歯で支えるため、抜けた部分の骨が衰えやすいとう欠点が。ブリッジを支えている土台の歯に大きく負担がかかるため、注意が必要です。

ブリッジの構造

新たに歯をつくる部分の両隣の歯を土台として、クラウン(被せ物)が3つ以上連なる構造になっています。1本・あるいは隣り合った2本の歯を補う治療としては最適ですが、3本以上の欠損を補うのは構造上難しいとされています。ただし奥歯にブリッジを行なう場合は、欠損部の両サイドではなく手前の2本の歯を土台にすることで治療可能です。

ブリッジができるまで

虫歯が進行して抜歯が必要になった場合に取り入れられる治療方法です。まずはブリッジを装着する前の準備として、抜歯作業を実施。歯茎の状態が元に戻ったら、ブリッジの治療を開始します。

最初に抜歯した歯の両隣りを土台にするために、削ります。この両隣の歯はたとえ健康な歯であったとしても削らなければなりません。

削った後は、かみ合わせの確認のために上下の型取りを行います。ブリッジの作成中には、土台の保護と咀嚼ができるようにプラスチック素材の仮歯を取り付けます。ブリッジが完成したら、取り付けて周りの歯とのバランス、かみ合わせを調整して完了です。

ブリッジのメンテナンス

抜いた歯の下や土台の歯との隙間はどうしても食べ物のカスが蓄積しやすいため、不衛生な環境になりやすく、再び虫歯になる可能性が高いです。そのため、歯間ブラシや一本の毛束のタフトブラシなど歯ブラシ以外の道具も使用して、できるだけ衛生的に保てるように心がけることが大切です。

ブリッジの相場

保険適用内の場合、失った歯1本あたりで約2万円。奥歯の場合は約1万円程度の費用がかかります。

自費診療の場合、1本あたり約5万~15万円ほど。選ぶ素材によって費用は異なり、ハイブリッドセラミックだと約5万~8万円、メタルボンドだと約8万~10万円、オールセラミックだと約12万~15万円程度が相場となっています。

保険適用と自費診療の2種類ある

素材が限定されますが、ブリッジは保険適用で受けることもできます。保険適用の場合、前歯の治療では、ブリッジの本体部分に銀歯の素材でもある金銀パラジウム合金を使用。また上部にはプラスチックの一種である白いレジンを貼り付けます。奥歯の治療で使うのは、金銀パラジウム合金です。

一方で自費治療に関しては、希望にあわせて、ハイブリッドセラミックやメタルボンド、オールセラミック、金やプラチナ合金などいろいろな素材から選択できます。

美容歯科・審美歯科のブリッジとは

保険適用のブリッジ治療で可能なのは、機能性の向上に留まります。そのため「自然な見た目」「美しい歯」など、美容面の向上まで求めることはできません。審美性を重視しながらブリッジ治療を受けたい場合は、美容歯科での治療が適しています。

自由診療ではありますが、素材のバリエーションが豊富なので、医師と相談しながら自分の理想に近づける最適な素材を選べます。

ブリッジを取り扱っているクリニック

【悩み別】
おすすめクリニックはこちら!

         

審美性にこだわった
最高級の施術

RSテクニック

唇のライン・歯並び・歯の向きから笑顔の黄金比を導き出す技術

症例数NO.1クリニック

リリアーナ
デンタルクリニック
公式HPへ
     

歯茎のラインを整える
独自施術

BTAテクニック

骨を削らず歯肉を手軽に整え、術後も後戻りしない技術

症例数NO.1クリニック

赤坂フォーラム
デンタルクリニック
公式HPへ
     

コストを抑えた
スピード施術

ワンデイセラミック

たった1日のセラミック治療で、自然な仕上がりが期待できる技術

症例数NO.1クリニック

湘南美容歯科
公式HPへ