審美性なら

リリアーナ
デンタルクリニック

スピード重視なら

湘南
美容歯科

独自施術なら

赤坂フォーラム
デンタルクリニック

美容歯科での義歯治療とは?

治療がかんたんで通院回数が少なく済む「義歯」の特徴は?気になる費用相場だけでなく、メリット・デメリットについても調べてみました。また、義歯治療の対応を行なっているクリニックも紹介しています。

義歯の特徴

義歯は総入れ歯と部分入れ歯とおおきくわけて2パターンあります。総入れ歯は文字通り歯の全てが入れ歯になる場合に利用するもので、部分入れ歯は失った歯が数本と少ない場合に利用します。ここでは、部分入れ歯についてご紹介しましょう。

部分入れ歯はクラスプと床、そして義歯(人口歯)でできています。歯が失われた部分に義歯を入れ、安定させるためにクラスプと呼ばれる維持装置で固定。かっちりと留めることで噛み合わせを問題なく行なえるようにします。

スクラプの素材は金属やチタンといった強度のある金属が一般的に使われていますが、金属ではないシリコン製のクラスプも存在します。一言で義歯と言ってもさまざまな種類があるので、どんな種類があるのか事前に知っておくと自分に適した義歯を選択しやすくなるでしょう。どんな義歯があるのか、いくつか紹介いたします。

義歯の種類

レジン床(保険適用内)

歯肉に触れる部分にレジンと呼ばれるプラスチックを使用。多少厚みがあるため食べ物の温かさが感じにくくなる、違和感があるといったデメリットはありますが、保険適用内の治療のため治療費を抑えることができます。保険適用外と比べると自身の歯との適合性は少しばかり劣るでしょう。

しかし、最近ではデメリットに感じる部分が少しずつ改善されたレジン床義歯が出てきているので、人によっては違和感を覚えない可能性もあります。始めに着けてみるには最適な義歯なので、ほとんどの方がレジン床義歯を選択しています。

金属床(保険適用外)

歯ぐきと粘膜に接して義歯を支える部分を床(しょう)と言いますが、この床の部分を金属に置き換えた義歯が金属床です。金属にすることでレジン床の約3分の1の薄さに調整することができます。薄く仕上がるのでレジン床よりも違和感が少ないでしょう。

前から自分の歯だったような自然さを感じるほど重さもあまり感じられません。強度が高いため破損しにくい、膨らみがないので金属床を入れても口元が自然と良い点がたくさんあります。

ノンクラスプ義歯(保険適用外)

保険適用内で義歯を装着するには、金属の留め具(バネ)が必要ですが、見栄えを良くするためバネを利用しないノンクラスプと呼ばれる義歯も存在します。保険適用外のため費用はかかりますが、金属を使用しないため見栄えがグッと良くなると評判です。

金属の留め具の代わりに、スーパーポリアミドといったプラスチック系のナイロン素材を使用。スーパーポリアミドは、半透明のうえに歯ぐきの色と似ているので見た目がより自然なものへと近づきます。

見栄えが良くなるだけでなく、軽くて弾力性があるため破折に強い素材と見た目だけでなく性能も優れています。

マグネット義歯(保険適用外)

残っている自分の歯の根に磁石がついた小さな土台を入れます。同じように義歯のほうにも磁石を入れることで、すき間なく吸着させることが可能です。クラスプが必要ないためキレイな見た目になります。

ただし、歯の根が残っていないと磁石をつけることができないため、歯の根が残っていない方には適用することができません。

義歯のメリットは?

ほかの治療に比べて通院回数が少ない

外科手術を必要としないうえに、口の中の型をとって義歯をはめる治療のため、インプラントやジルコニアによる歯列矯正に比べると治療がかんたんと言われています。通っているクリニックにもよりますが、基本的に義歯での治療を選択した場合、通院回数は3回以内と少ない回数で済みそうです。

破損時の修理が容易

入れ歯は取り外しができるので、何か問題があった場合は容易に修理ができます。清掃や調整もしやすいので、違和感を覚えたら気軽に担当クリニックに相談しましょう。

義歯のデメリットは?

数年ごとに調整または作りかえが必要

義歯は消耗が激しいため、数年ごとに調整をする必要があります。調整しないと噛み合わせが悪くなり、アゴの骨への負担や影響が大きくなってしまいます。場合によっては作りかえなくてはいけないため、人によっては何度も作りかえが発生するおそれがあると言えるでしょう。

義歯を支える維持装置(爪やバネ)が見える

チタン床による義歯を選択した場合、支えるために爪やバネなどの維持装置を利用しなければいけません。義歯を入れる位置によっては口を開くと維持装置が見えることがあるため、審美的には良いとは言えないでしょう。

ただし、保険適用外の義歯であるノンクラスプデンチャーやアタッチメント義歯といった維持装置が不要な義歯も存在します。保険がきく義歯による治療よりも費用はかかりますが、見た目は美しい仕上がりになります。

口の中で動いてしまい痛む可能性あり

取り外しができるため口の中で動いてしまう可能性があります。義歯が動けるようになってしまうと、痛みが出てくることも考えられるので、もし痛みが出てきたならすぐに担当クリニックに相談してください。放置しておくと、動いたことでできたすき間に食べ物が挟まり、口内が不衛生になる危険もあります。

義歯の相場

義歯での治療は費用を低く抑えることができます。特に保険が適用されるレジン床だと治療費は5千円ほど。本数やクリニックによってある程度の金額変動はありますが、高くても1万5千円ほどの治療費で済みます。

金属床のような保険適用外の義歯を選択すると、費用は数万円に上がります。インプラントよりも低い金額にはなりますが、本数によっては数十万になってしまう可能性があるため、不安な方はクリニックの担当者に相談してみましょう。

義歯に対応しているクリニック

【悩み別】
おすすめクリニックはこちら!

         

審美性にこだわった
最高級の施術

RSテクニック

唇のライン・歯並び・歯の向きから笑顔の黄金比を導き出す技術

症例数NO.1クリニック

リリアーナ
デンタルクリニック
公式HPへ
     

歯茎のラインを整える
独自施術

BTAテクニック

骨を削らず歯肉を手軽に整え、術後も後戻りしない技術

症例数NO.1クリニック

赤坂フォーラム
デンタルクリニック
公式HPへ
     

コストを抑えた
スピード施術

ワンデイセラミック

たった1日のセラミック治療で、自然な仕上がりが期待できる技術

症例数NO.1クリニック

湘南美容歯科
公式HPへ